「高すぎる」枕にはリスクも。殿様枕症候群とは?

殿様枕症候群(とのさままくらしょうこうぐん)

殿様枕症候群(とのさままくらしょうこうぐん)は、国立循環器病研究センターによって提唱された、特発性椎骨動脈解離と「高すぎる」枕との関連について述べた用語です。※英語名は Shogun pillow syndrome

「高すぎる」枕の使用が脳卒中のリスクを高める傾向にあることを、昔の武士がちょんまげを守るために用いていた殿様枕に例えて表現しています。

また、研究によると、枕の高さを12cm以上を「高い」とし、15cm以上を「極端に高い」と定義。特発性椎骨動脈解離の患者さんを対象に調査した結果、枕が高いほど特発性椎骨動脈解離を発症しやすいことが分かりました。特に、高さが15cm以上の枕を使用していた方の約9割が特発性椎骨動脈解離の患者さんだったそうです。

この結果から、枕が高い場合、首の屈曲が大きくなり、睡眠中の寝返りで首にかかる負担が増え、血管が傷つく可能性があるとされています。

さらに、枕の高さだけでなく硬さにも着目し、特発性椎骨動脈解離のリスク要因である首の屈曲の有無を調べた結果、硬い枕の場合は発症との関連が強く、柔らかい枕ではリスクが緩和される傾向にあることが明らかになりました。

従って、脳卒中のリスクを低減するためには、「高すぎる枕」や「硬すぎる枕」を避け、「首」に体圧が集中する形状の枕も避けるべきです。

逆に、「低めの枕」「柔らかめの枕」を選び、さらに「首に負担がかからない形状の枕」を使用することが、脳卒中のリスクを軽減できると言えますが、最終的には個人の体型やBMI、睡眠姿勢、枕への好みなどを考慮して、自分に合った枕を選ぶことが重要です。

 

THE PILLOW(パーソナライズ枕)

THE PILLOWのオンライン枕診断では、殿様枕症候群に関連する様々な要件・条件を考慮し、個々に合ったオーダーメイド枕の自動提案を実施しています。これを参考にすることも一つの方法です。

 

 

■THE PILLOW(パーソナライズ枕)
オンライン枕診断で70万通りの中からあなただけのオーダーメイド枕をつくります。
https://shop.pillow.co.jp/products/c-999-002200-20/

■オンライン枕診断
https://shindan.pillow.co.jp/thepillow/pillobo/shindan/